デリケートゾーンにも使えるLaVie(ラヴィ)

LaVie イメージ私がイーモリジュを買った時には、家庭用脱毛器というのはあまり種類がありませんでしたが、今ではたくさん出ていますね。

エスピルが出た時にもちょっぴりショックでしたが、「美顔機能」がついていないのでその分安いと思えば仕方ないか、と思っていたんです。

でも今度発売された「LaVie(ラヴィ)」には参りました。

美顔機能もついているうえに、デリケートゾーンにも使えるよう「スリムカートリッジ」というものがついているんです。それで価格は6万9千円と、イーモリジュより2万円も安いのです。

もっとも、私の場合はかなり脱毛処理が進んでいるので、2万円の差はその期間使っていた差と思えばいいんですが、やっぱりちょっと悔しいですね。

LaVie(ラヴィ)も、本当の価格は8万6千円なのでイーモリジュとあまり変わらないんですが、新発売のキャンペーンということで安くなっているようです。

キャンペーンといっても、いつまでのキャンペーンなのか書いてないので、実はずっと6万9千円で売られる可能性が高いのかも。

※と、思っていたらなんと!2012年春から、Lavieは4万9千円という価格に変更になりました!
(⇒ラヴィの公式サイトはこちら

この価格で、イーモリジュと同じくフォトフェイシャル機能がついているし、デリケートゾーンや指のムダ毛など細かいところに使いやすいスリムカートリッジがついています。

フラッシュの強さなど、細かいことは使っていないので分からないんですが、説明を読む限りイーモリジュと性能の大きな差はなさそう。フラッシュの照射も2回・4回の連続照射だし、カートリッジの寿命も最大出力で使って8000回。

イーモリジュを買う時に、この機種も発売されていたらこっちを買ったかもしれないですね。


******* 追 記 *******

デリケートゾーンにも使えるという点がどうしても気になって、LaVie(ラビ)も買ってしまいました

使ってみての感想は、

「何これカンタンじゃないの!」

って感じです^^

デリケートゾーンは皮膚も薄いし敏感なところ。下着が当たる部分は色素が沈着して、他の部分より肌の色も濃いめ。だから絶対痛いと思ってたんですが、意外にもそうでもありませんでした。

Iゾーンはハンドピースを当てるよりも、その前の段階である「毛を短く切る」方がやりにくかったですね。

照射自体は出力を弱めにした(レベル4で始めました)こともあり、腕や脚を処理するのと変わりなく、あまり痛みは感じませんでした。

処理後のヒリヒリ感も、私は脚を処理した後より感じませんでしたね。

「ぜったいすごく痛いはず」

と思って覚悟した分、拍子抜けって感じです。

Iゾーン・Vゾーンは3回処理した後、毛が生えてくるのがすごく遅くなりました。生えてくる毛もだんだん細くなってます。

誰にも見られず家でこっそり処理できるし、本当に家庭用脱毛器を買って良かったと思ってます。もっと早く買えば良かったとも思うんですが、最近は私が買った時より安くなってますから、これから買う人がうらやましいと思いますね^^

関連記事の一覧

このページの先頭へ戻る