充電式の「ラヴィドゥ」を使ってみました。

ラヴィが出た時に「なんて安い脱毛器が出たものか」と思ったものですが、さらに安いバージョンが出ると聞いてびっくり。

「ラヴィドゥ」という、充電・簡易式の脱毛器が発売されました。価格はなんと39,000円。

フラッシュ脱毛・美顔器が 4万円切る価格で発売されるとは驚きました!

私が使ってきた中で、4万円以内で買える脱毛器といえば、毛を絡めて引っこ抜くタイプの「ソイエ」か、熱線で毛を焼き切るタイプの「ノーノーヘア」くらいでした。

ピンセットみたいなので毛を1本ずつ挟んで抜くタイプのものもあったようですが、私は使ったことがないですね。

いずれにしても、毛の根元にダメージを与えて弱らせ、次々に生えてくる毛を細くすることはできないか、時間がとてもかかるものがせいぜいだったと思います。

それがついにフラッシュ脱毛器ですよ・・・本当に凄い勢いで新製品が開発されるので、びっくりしてしまいます。

それでその「ラヴィドゥ」なんですが、早速使ってみることにしました。

照射してみてびっくりですが、けっこう威力があります、ラヴィドゥ。

ラヴィドゥとラヴィの違いは、大きくは出力の調整、そして充電式であることですね。

当然、ラヴィの方が効果の高い照射ができます。痛みをあまり感じないですむ、分割照射もできます。

個人的には1万円くらいの差なら、ラヴィを買った方が良いと感じますけど、たとえば学生さんとかなら、その差は大きいですよね。

そして引き合いに出して悪いんですけど、同じくらいの予算なら、熱線式の脱毛器を買うより、ラヴィドゥを買った方がいいかなとも思います。

熱線式も悪くないですけど、やっぱりフラッシュ脱毛器ほど、毛根に強くダメージは与えられないと思うので。使い続けてると毛が細くなっていくんですけど、フラッシュ脱毛の方が効果を確認できるのが早いと思います。

なんといっても肌を傷めず、毛を根元から弱らせてだんだん産毛に近づけていくフラッシュ脱毛器が3万円で買えるというのは驚きですし。

ラヴィのように出力の調整がきかないので、わきの下は弱めで、脚は強めで処理するというわけにはいきません。

その分、ラヴィより痛みを感じることがあったり、効果を感じるのが遅かったりはするかも知れないです。

あとは、ラヴィドゥではデリケートゾーンは処理しづらいだろうな、とは思いますね(笑)

けど、そこは価格の差ということで。

5万円のラヴィか、4万円のラヴィドゥか。予算や処理したい部位によって、選ぶと良いと思います。

ラヴィドゥ 公式ページはコチラ

関連記事の一覧

このページの先頭へ戻る