ケノンの眉脱毛機能で指毛を抜いてみた

ケノンはイーモリジュの後継機ですが、イーモリジュにはなかった機能のひとつが高周波脱毛器。

眉など、フラッシュ脱毛が出来ない部位の毛も、脱毛できるというものです。

オプション機能ということになってるみたいですが、ケノンを見るとフラッシュ脱毛のハンドピースと一緒に本体に最初から繋がってますから、基本仕様なのではないでしょうかね。

個人的に眉はもう抜きたくないのですが、せっかくついている機能だし一度使ってみるかと、脚の指毛を脱毛してみることにしました。

ピンセット形式で、細くて軽いです。

先の金属部分で毛を挟み、通電して毛を抜けやすくするというわけです。フラッシュ脱毛と比べて永久脱毛の効果が表れるのはゆっくりだけど、眼球回りなどフラッシュ脱毛が使えない場所には確かに便利ですね。

処理後は、毛の根元がぷっくり膨らんで「毛根がダメージ受けましたよ」という証拠(?)が出ました。

眉の処理をした時もこんな風に膨らむのかもしれませんが、すぐ治まって何事もなかったかのように元に戻りますから、あまり心配は要らないかもね。

フラッシュ脱毛と違って、毛がその場で抜けるので、「1本だけぴょこっと生えてくる!」などという時に良いかもしれませんね。

1本ずつ毛を挟んで処理していくので根気は要りますが、IゾーンやOゾーンの脱毛にも使えそうです。

広範囲の脱毛は大きなカートリッジで、小回りが利いて欲しいところはスリムカートリッジで。フラッシュが使えない場所は高周波でと、さまざま使えるので、ケノンはやっぱり高機能だなと感心しました。

イーモリジュから継承した「美顔機能」もついてますしね。これだけ高機能・高性能な脱毛器が79000円で買えるってスゴイ時代が来たなと思います。

関連記事の一覧

このページの先頭へ戻る