ケノンはさすがに高出力でした。効果を実感しにくい人向きです

私は色黒なほうです。そしてムダ毛も多い方だと思います。長年間違った脱毛ケアをしてきたおかげで、家庭用脱毛器を使い始めるまではワキの皮膚も荒れてよけい黒かったんです。

そしてワキのムダ毛も多いので、最初に高い出力でフラッシュ脱毛をした時は

「うっわ痛てぇ!」

と思いました(笑)早く効果を実感したくて高い出力で当ててしまったんですよね。

その後出力を調整して苦痛に感じない程度で処理を続け、今ではイーモリジュやラヴィの一番高い出力で当ててもなんとも感じなくなりました。

皮膚の黒ずみも取れたし、ワキの毛自体が本当に少なく、細くなったからです。

私は色黒なのもムダ毛が濃いのもイヤでしたが、それだけに家庭用の脱毛器を使った効果は実感しやすかったです。

友人知人に話を聞いていると、色白でムダ毛の色も薄い、という人の方が脱毛の効果を実感しにくいみたいですね。

光による脱毛は茶や黒い色に反応するものなので、ムダ毛の色が薄いと確かに効果は出にくいのかもしれません。

そういう事情もあってなのか、新しい機種が出るたびに家庭用脱毛器は高性能になってますね。

先日発売されたケノンも、2012年3月現在で一番の高出力・高性能を誇っています。

処理が進んでまばらになった私の脚のムダ毛にも当ててみましたが、さすがに高出力!って感じでした。

ケノンはイーモリジュと同じく10段階に出力のレベルが調整できます。私はイーモリジュではもう、ほとんどの部位を最大の10で処理していまして、あまり痛みも感じませんし、肌に「効果がありました」って痕跡が残らなくなっていました。

でもケノンではレベル5でもご覧の通りの痕跡。ただし、動画内でもあるように、一番強い出力が一気に当てられる「1ショット」で当てた場合です。

同じ出力を分割して皮膚に当てられる「6連ショット」で当てた部分には、痕跡は残りませんでした。

脱毛効果は同じということなので、肌にダメージを受けやすい人は6連・3連ショットのどちらかを選ぶと良いと思いますね。

これだけ高出力だと、肌が白くムダ毛の色も薄い、という人にも効果が期待できるだろうと思います。

ケノンは美容外科で針脱毛するしかないと思っていたような、光脱毛での効果を実感しにくい人にオススメできる脱毛器だなと思いました。

関連記事の一覧

このページの先頭へ戻る