エスピルを借りて使ってみました

エスピル本体イーモリジュを買う前に、どっちを買おうかとても迷ったエスピル(espil)。韓国製のフラッシュ脱毛器で、2011年の6月に発売になったばかりの製品です。

性能はイーモリジュにとても良く似ているように思えましたし、イーモリジュよりも3万円ほど安いのでどうしようか迷ったんですが、結局選ばなかったエスピル。実は友人が買っていたので、ちょっと貸してもらって、使ってみました。

本体の大きさがイーモリジュより小さいのはちょっと意外でした。

エスピルとイーモリジュ本体比較

イーモリジュは箱になっていて、ハンドピースやカートリッジが中に収納できるようになっていますが、エスピルは電話機のような感じ。

エスピルのハンドピース部分

本体とハンドピースの重さは、どちらも同じくらいでした。本体は部屋間を持ち歩いても苦痛じゃないですし、ハンドピースはずっと持っていても平気なくらいの軽さです。

イーモリジュとエスピルの照射面を比較

照射面の大きさは違いますね。エスピルの方が大きいです。そして、照射面全体にフィルターがかかっている点も大きな違いですね。

エスピルの操作パネル

本体の操作パネル部分も、結構な違いを感じました。エスピルはシンプルですね。カートリッジの冷却が終わって、次の照射ができる状態になると、電源スイッチ横のマークが光ります。あとは照射の強さを選ぶプラスボタンとマイナスボタン、レベルを示すランプくらい。

イーモリジュには細々とランプやボタンがあるので、エスピルはかなりシンプルだなと感じました。

さて、肝心の脱毛についても試させてもらいました。

電源を入れ、照射の準備がOKになったらハンドピース部分を肌に当てます。ボタンを押すと光が照射されて、毛根にダメージを与えます。

照射はイーモリジュは(レベルによりますが)3回、エスピルは照射レベルに関係なく1回。光の強さはイーモリジュは10段階設定、エスピルは5段階設定ができます。

肌に放たれる光の強さはどちらも同じだと思うのですが、イーモリジュは3回フラッシュすることで肌に負担がかかりにくくなっているとか。

エスピルの方も、レベル5で脚に照射しても特に痛みはありませんでしたが、照射のあと、しばらく経ってから肌の奥がヒリヒリする感覚がありました。

貸してくれた友人と脱毛効果についても話しましたが、私がイーモリジュを使って感じた効果とだいたい同じくらいでした。

使い始めは1週間に1度程度処理して、ひと月後くらいから2週間に1回程度の処理を続けて、3ヶ月目には元の太さの毛はほとんど生えてこなくなったんですが、友人も同じような感じだったみたいです。

つまり、脱毛効果についてはどちらも変わりがないということですね。

照射面が多い分、脚や背中など範囲の広いところは、エスピルの方が早く処理できそうと思いました。

次にイーモリジュとエスピルの違いについてですが、私が思ったのはエスピルはセンサーの感知がわかりにくいということ。

イーモリジュもエスピルも、安全のために肌に密着していないと照射ができないようになっています。イーモリジュの方は肌に密着したのを感知すると電源スイッチのまわりがオレンジ色に変わるのでわかりやすいのですが、エスピルは肌にくっついたセンサーが光るだけなので、当てている本人にはわかりづらいのです。

場所によっては、なかなか感知してもらえなくて照射できないことも。この点はちょっと、使いづらいなと思いました。

また、照射面が広いので脚などはやりやすい反面、足の指とかワキのくぼんだところが当てにくいですね。

価格はエスピルの方が3万円安いですし、カートリッジもエスピルの方が安いです。ですから細かい部位はともかく、腕や脚など広い部分を割安に処理したいのであればエスピルを選ぶべきかと思いますね。

手や足の指など細かいところも処理したいとか、美顔機能も有効に使いたいという人には、イーモリジュがお勧めです。

私は美顔器機能にもだいぶ満足していますし、センサーのわかりやすさなども気に入っているので、イーモリジュを買ってよかったと思っています。

どちらも脱毛効果は遜色ないので、脱毛だけが目的か、プラスアルファを求めるかで、どちらを選ぶかが決まりそうですね。

関連記事の一覧

このページの先頭へ戻る