家庭用脱毛の器具を色々使ってきました

ワキやスネなどの脱毛を始めたのはいつだったか思い出してみたら、中学生の時でした。当時は母親と兼用で安全カミソリを使っていました。

親とはいえ、人と兼用というのは衛生面でどうだったのか、今考えるとちょっと嫌な気分になりますね(笑)でも、当時はそんなことが普通だったように思います。

剃刀から始まった私の家庭用脱毛器具と、脱毛がほぼ済んだ現在の状態について書いてみたいと思います。

現在はイーモリジュでほとんど脱毛が終わっています。家庭で脱毛しようと考えるまでには、色々と考えたこと・経験したことがありました。

さて、中学時代は安全カミソリでムダ毛を処理していた私ですが、高校生くらいになって、アルバイトのお給料で電動シェーバーを買いました。友達には電動シェーバーを使っている子が多かったし、剃刀を使うより安全に思えたからです。

ところが、友達は朝起きて何もつけずに処理ができる、というのですが、私は汗かきなのでとてもそんなことはできません。ワキの処理は夜、お風呂に入る直前か直後じゃないとダメでした。

その後しばらくは電動シェーバーを使っていましたが、剃刀よりも深剃りが利かず、刃もすぐに悪くなってしまうため、買い替えが頻繁になってだんだん使うのが嫌になってしまったんです。

それに、電動シェーバーで剃った痕は根元が開いている感じがして、それも嫌でした。

ムダ毛処理って、生えているムダ毛もイヤなんですけど、処理した後の肌が荒れたりして汚く見えるのがとてもイヤなんですよね。この頃から、処理がひんぱんなワキとスネは永久脱毛できないものかと考えるようになりました。

でも、私はとても田舎に住んでいましたし、お金もあまり持っていないのでエステや美容クリニックに行くのはとても考えられませんでした。親とか友達に「脱毛したい」と言っても、

「女優さんじゃあるまいし」

とか言われて笑われるのがせいぜいです。その頃にはとても、今のように誰もが気軽に永久脱毛を考えるようになるとは思いませんでした。

それで、次に私が使ったのは毛を絡めて根元から引っこ抜くタイプの脱毛器でした。女優さんがCMに出ていた、パナソニックの製品です。ちょっと痛いのを我慢すれば しばらく毛が生えてこないので、次に生えてくる時までツルツルでいられると思ったんです。

でも、残念ながら私の体質には合いませんでした。

私は肌が過敏で、外からの刺激に弱かったんですね。ボールをぶつけたり、ちょっと引っ掻いたりするとたちまちミミズ腫れになります。それなのに毛を巻き込んで引っ張る脱毛器を使ってしまったので、毛穴に血がにじんでしまい大変でした。

腕も脚も炎症を起こしてしまい、病院に行く羽目に。そして次に生えてくる毛が、ことごとく埋没毛になってしまい、腕も脚も痒くてたまりません。つい掻き毟ってしまい、傷だらけになってしまいました。

炎症を起こしたせいで肌が黒ずんでしまい、かなり長い間、使ったことを後悔したものです。

同じ脱毛器を使っても平気な人は平気だそうなので、その時は自分の体質を恨めしいと思いましたね。

その後は仕方なく剃刀で処理を続けていましたが、3年前にノーノーヘアを買い、処理するように。だんだん埋没しなくなり、肌が荒れないので黒ずみも減りました。

さらに昨年はイーモリジュを買って、ワキや脚はもちろん、顔の脱毛もするように。炎症を起こさないだけでなく、肌の代謝を促す作用もあるので、長年悩んでいたワキの黒ずみも消えました。ムダ毛も、うぶ毛状の毛が少し生えるだけになりました。

結局、今が一番肌が傷んでいなくてキレイです。もっと早く家で使える脱毛器を買っておけば良かったと思っています。若い人には、早いうちからちゃんとした脱毛法で処理するように教えてあげたいですね。

関連記事の一覧

このページの先頭へ戻る