イーモリジュと比較した家庭用脱毛器

イーモリジュ セット内容の写真ノーノーヘアを使って3年目に、もっとワキに使いやすい脱毛器はないかと探し始めました。結局イーモリジュを買ったんですが、買うまでにあれこれ比較した家庭用脱毛器について、書いておこうと思います。

最後まで迷ったのは、韓国製の脱毛器ESPIL(エスピル)でした。フラッシュ脱毛・美顔機能がついていて、カートリッジ式。ハンドピースを肌に直接当てて使うのも同じです。

espilの方が値段が安いので、espilにしようかイーモリジュにしようか迷ったんですが、私はイーモリジュを買うことにしました。

最終的にイーモリジュを選んだ理由は、10段階の出力調整ができることと、トリプルショットができること。強い出力を選んでも、強力な光を1度当てるのではなく、3回に分けて照射することで肌への負担を抑える、というイーモリジュ独特の仕様が気に入ったんです。

私は痛みには強い方だと思いますが、肌が過敏で荒れやすいので、やはり少しでも負担は少ない方が安心ですからね。

イーモリジュのハンドピース部分は、お店のレジにあるバーコードを読み取るような形と大きさで、とても軽く扱いやすいのも気に入りました。

イーモリジュのハンドピース部分

espilはハンドピース部分が昔の電話の受話器みたいな感じで、けっこう大きいんですね。私はワキの脱毛に使いたかったので、もう少し小さい方が当てやすいのではないかと思ったんです。

値段はespilの方が安いです。6万円弱くらいで買えます。口コミを見ると、効果はちゃんと出るようです。特に肌が刺激に弱くないなら、espilを選んでもいいかも知れないですね。

他に比較した家庭用脱毛器は、

  • トリア
  • センスエピ
  • シルキン
  • コスメティックレーザー

です。

トリアはレーザー脱毛で照射が点に近いこと、本体が500gほどあって処理中に持ち続けるのが大変そう。また、充電式なのでバッテリーの寿命がくると使えなくなってしまうそうで、バッテリーの交換には2万円ほどかかるとか。そんな点から、選びませんでした。

センスエピはイスラエル製のフラッシュ脱毛器で、ハンドピースの形状などがespilとよく似ています。これもハンドピースが大きいと思ったのと、トリプルショットがない点から、選ばなかったんです。

シルキン・コスメティックレーザーは、もう生産が終了している機種でした。一応機械は買えるのですがカートリッジが買えなくなるのと、保証がなくなるのが不安だなと思いました。

イーモリジュが他と違う一番大きな点は、トリプルショット機能があるので肌に負担が少ない点と、出力調整が10段階あって、使う部位によって細かく設定できる点です。

イーモリジュ 10段階レベル設定

肌が刺激に弱い人には、イーモリジュが一番いいと思います。

その点がとても気に入ってイーモリジュを買ったんですが、思ったよりも早く効果も感じられて満足しています。ムダ毛が減ってきたのも嬉しいんですが、長年剃刀で処理していたため、炎症の繰り返しで黒ずんでいたワキが、だんだん白くなってきたのが一番うれしいですね。

安い買い物ではないので、かなり慎重に検討しましたが、イーモリジュを選んで良かったと思っています。

関連記事の一覧

このページの先頭へ戻る